Lemon Square利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、C Channel株式会社(以下「当社」といいます。)により提供されるLemon Squareのサービス(以下「本サービス」といいます。)における利用条件を、本サービスを利用するユーザーの皆様(以下「お客様」といいます。)と当社の間で定めるものです。

本規約にご同意頂いた上、当社所定の方法によりお申込み頂き、当社によって承認された方のみLemon Square を利用することができるものとします。

第1条(定義)

本規約において、用語の定義は次のとおりとします。
(1)「個人情報」とは、お客様に関する情報であって、お客様から当社に提出された住所・氏名・電子メールアドレス等特定の個人を識別できる情報をいいます。
(2)「パスワード」とは、Lemon Squareのマイページ等、お客様専用コンテンツのシステムにログインするために必要となるもので、お客様登録の際に当社に提出された任意の半角英数字の文字列をいいます。
(3)「広告依頼者」とは、本サービスを通して、⾃⾝の商品⼜はサービス等の販売促進等のために広告配信を依頼する者をいいます。
(4)「ファンフルエンサー」とは、Lemon Squareに登録された広告依頼者の広告を配信する者をいいます。
(5)「広告依頼」とは、広告依頼者がLemon Squareを利用してファンフルエンサーへ広告掲載を依頼することをいいます。

第2条(アカウント)

1 お客様は、本サービスの利用に際してお客様ご自身に関するアカウント情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。
2 お客様は、本サービスの利用に際してパスワードを登録する場合、これを不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。当社は、登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、お客様ご本人の行為とみなすことができます。
3 ID及びパスワードの管理不十分、第三者の使用などにより被った損害について当社は一切の責任を負いません。
4 当社は、お客様が本規約に違反し又は違反するおそれがあると判断した場合、あらかじめお客様に通知することなく、アカウントを停止又は削除することができます。
5 本サービスのアカウントは、お客様に一身専属的に帰属します。お客様の本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与又は相続させることはできません。
6 お客様がパスワードまたはアカウントの不正使用に気付いた場合は、直ちにLemon Squareに通知する必要があります。

第3条(サービスの提供)

1 お客様は、本サービスを利用するにあたり、必要なパーソナルコンピュータ、携帯電話機、通信機器、オペレーションシステム、通信手段及び電力などを、お客様の費用と責任において準備し、本サービスを利用可能な状態におくものとします。
2 当社が必要と判断した場合は、あらかじめお客様に通知することなく、サービス内容の追加若しくは変更、又はサービスの利用制限をすることができるものとします。

第4条(知的財産権等)

1 当社は、本サービスについて、お客様に対し、譲渡及び再許諾できず、非独占的な、本サービスの利用を唯一の目的とする利用権を付与します。
2 お客様は、本コンテンツを、本サービスが予定している利用態様を超えて利用することはできません。
3 本サービスは、複数のお客様が投稿、修正、削除等の編集を行える機能を含む場合があります。この場合、お客様はご自身の投稿コンテンツに対する他のお客様による編集を許諾するものとします。
4 お客様は、投稿コンテンツを本サービスに提供することにより、当社に対して、投稿コンテンツを無償で非独占的に使用する権利(複製権、公衆送信権、領布権、貸与権、譲渡権、翻訳権、上映権、翻案権等を含みますが、これらに限りません。)を許諾し、当社が投稿コンテンツをサービスや広告・宣伝を目的として利用する権利を、無償で、無期限に、地域の限定なく許諾したこととなります。
5 当社は、業務上の必要がある場合、投稿コンテンツの内容を確認することができます。ただし、当社はそのような確認を行なう義務を負うものではありません。
6 当社は、お客様が投稿コンテンツに関し法令もしくは本規約に違反し、又は違反するおそれがあると認めた場合、その他業務上の必要がある場合、あらかじめお客様に通知することなく、投稿コンテンツを削除するなどの方法により、本サービスにおける投稿コンテンツの利用を制限できます。
7 お客様が提供した投稿コンテンツに関し、第三者から請求、クレーム、警告書の受領、仮処分又は訴えの提起を受けた場合、お客様は当該紛争を自己の責任と費用をもって解決しなければなりません。お客様は、当該紛争によって当社に発生した一切の損害(間接損害、特別損害、逸失利益及び合理的範囲の弁護士費用を含みます。)を、当社に対し賠償しなければなりません。

第5条(個人情報等の取扱い)

当社は、お客様の個人情報に該当する情報を、当社のプライバシーポリシーに従い適切に取り扱うものとします。

第6条(本サービスの停止・中止)

1 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合、お客様に事前に通知することなく、いつでも本サービスの全部又は一部の提供を停止することができるものとします。
(1) 本サービスの提供にかかる設備等の保守を定期的又は緊急に行う場合
(2) 本サービスに関するシステムや通信回線等の障害、火災、停電その他の不慮の事故、又は天災地変、社会的動乱又は第三者によるクラッキングその他本サービスに対する妨害行為に起因して、又はこれらに関連する要因により、本サービスの提供ができなくなった場合
(3) 運営上又は技術上、当社が本サービスの停止が必要と判断した場合
(4) 法律その他の法令に基づく措置により本サービスが提供できない場合
(5) その他、当社が止むを得ないと判断した場合
2 当社は、本条に基づく本サービスの全部又は一部の提供の停止に起因してお客様に損害が発生したとしても、一切の責任を負わないものとします。

第7条(禁止行為)

お客様は、本サービスの利用にあたって、以下の各号の行為又はそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。
(1) 他人の登録メールアドレス、パスワード及びその他アカウント情報を使用する行為、又は他人(当社、又は当社関連企業及び協力企業を含む。)になりすます行為
(2) コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の機能を妨害、破壊、制限、操作するコンピュータウイルス、ファイル、プログラム等を送信又は書き込む行為
(3) わいせつ・残虐・差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引する表現、その他反社会的な内容を含み第三者に不快感を与える表現を含む内容を投稿する行為
(4) 当社、又は第三者の所有権、知的財産権、名誉、信用、肖像、プライバシー等の権利を侵害する行為
(5) 当社又は第三者に関する虚偽の情報を意図的に流布する行為
(6) 公序良俗に反する行為
(7) 同一又は類似の投稿を不特定多数のお客様に送信する行為(当社の認めたものを除きます。)その他当社がスパムと判断する行為
(8) 当社の承認なく、本サービスに関連して、営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為
(9) 無限連鎖講、連鎖販売取引、その他これに類する活動をする行為
(10) 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、利用、開示又は提供する行為
(11) 本サービスにおいて提供された情報又はサービスについて、当社の承諾なく、複製、編集、翻案、頒布又は転売等をする行為
(12) 法令に違反する行為
(13) 反社会的勢力に対する勧誘、利益供与その他の協力行為
(14) 宗教活動又は宗教団体への勧誘行為
(15) 前各号のいずれかに該当する行為を第三者に援助、又は助長する行為
(16) その他、当社が不適切であると判断する行為

第8条(広告依頼者の義務)

広告依頼者は、ファンフルエンサーから広告依頼の遂行を完了報告により確認した後、すみやかに承認を行うものとします。
広告依頼者は完了報告の承認後、いかなる理由があっても異議を述べることは出来ないものとします。

第9条(ファンフルエンサーの義務)

ファンフルエンサーは、広告依頼へ送信した提案と同じ内容を広告依頼者に提供するものとします。
ファンフルエンサーは何らかの理由により広告依頼の遂行が困難になった場合、速やかにその旨を広告依頼者並びに当社に報告するものとします。
ファンフルエンサーは、広告依頼者が何らかの理由により取引のキャンセルを申し出た場合、これに応じ るものとします。ただし、広告依頼者の一方的都合によるキャンセルはできないものとします。

第10条(免責)

1 当社は、本サービスの内容の正確性、特定の目的への適合性については、一切保証しないものとします。
2 お客様は、本サービスを利用したことにより損害が生じた場合であっても、当社に対してその賠償を請求することはできません。ただし、当社の故意又は重過失による場合は、この限りではありません。
3 お客様は、本サービスの利用に関して第三者に損害を生じさせた場合には、自己の負担と責任においてその解決を図るものとします。

第11条(退会)

お客様が退会を希望する場合には、当社所定の手続きを行うこととします。ただし、当該お客様が以下に定める状況にある間は退会できないものとします。
自らが広告依頼者およびファンフルエンサーとなって成立した本取引の業務が終了していない場合

第12条(利用規約の改定)

当社は、当社が必要と判断する場合、お客様に予告することなく、随時本規約を改定することができるものとします。改定後の本規約は、本サービス内の適宜の場所に掲示された時から効力を生じるものとし、本規約改定後もお客様が本サービスを利用し続けることにより、本規約の改定に同意したものとみなします。

第13条(準拠法、合意管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本サービスに関し紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

お問い合わせ